FC2ブログ
縁結びの樹移植
文字色

源頼朝北条政子の恋愛を取り持った梛(なぎ)の樹

本堂前の参道を抜けて、墓地へ向かう階段の入り口右に梛の樹を二本移植しました。
梛の樹と言えば、昔(鎌倉時代)からこの地域では、縁結び
恋愛成就そして夫婦円満のお守として多くの人に親しまれてきた樹です。

伝承によると、北条政子が。この梛の葉を一枚取り、鏡の裏に置いて毎日恋愛成就を祈っていると、
困難であった恋愛が成就したとか。
頼朝と政子がそれぞれ肌身放さず持っていた事で、夫婦円満であったとか。葉脈が葉元から先端へ縦にまっすぐに伸びているので、葉が横に破れにくいことから
横槍が入っても、二人の恋愛も破れにくいという非常に縁起の良い縁結びの樹とされている
とのこと。

今回、田種寺に移植した梛の樹は、約800年前に実際にあった
源頼朝の配流の地であり、と北条政子の大恋愛の地であるもある蛭(ひる)ヶ島
の梛の樹を株分けしたものです
。約800年前の頼朝と政子の恋愛に想いをはせつつ、
恋愛成就夫婦円満を祈願してみませんか?

ちなみに、梛の葉は1人1枚にして下さいね。
御神木が、まる坊主になって枯れてしまっては、せっかくの祈願も成就しませんから
スポンサーサイト



[2013/02/19 09:56 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
<<水仙が咲き乱れています | ホーム | みしまのお寺めぐりの会>>
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://densyuji.blog.fc2.com/tb.php/75-24371649
| ホーム |