FC2ブログ
お施餓鬼にいらして下さいね

田種寺のお施餓鬼は、八月十日(金)十四時より。

お施餓鬼当日は、近隣・遠方の臨済宗のご住職方が
約十名ほど、田種寺にいらして下さいます。

そこで、皆様方の過去七代までのご先祖様のご供養
(まず、会ったことのない江戸時代中期までのご先祖様)と
自分を含めて二代先までの計三代の方々へ様々な祈願を行います。
(つまり、合計十代にわたってのご供養・祈願ということです。)

そんな盛大でパワフルな法要は年に一度が限度です。
ですから、是非、この機会にお施餓鬼にいらしていただけたらと思っております。
ただ、残念ながらご都合のつかない方は、当日に塔婆供養
だけでもしていただいておいて、後日取りに来られることをお勧めいたします。

塔婆は、ご先祖様への感謝と守護のお願いの手紙のようなものとも言われております。
一家で五本(五人家族の場合それぞれに一本ずつ)という方もいらっしゃいます。
そこまで丁寧にされなくても、せめて一家に一本はご供養されてみてはいかがしょうか。

いずれにいたしましても、皆様方のご参加をお待ち申し上げております。

スポンサーサイト



[2012/07/29 20:50 ]
| 未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0) |
<<茶道教室・映画観賞会のお知らせ | ホーム | 多呂子どもシャギリ町内巡回>>
コメント:
読経は、死者に向けて読経していない。何処でも無い。ただ読経しているだけ。(読経だけで良い)内容を理解するために読経しているのでは無い。(読経して功徳を得るためである) 大乗仏教では、読経しただけで功徳が得られると説いている。 最も流行し、権威を持つ経典は法華経である。 受持、読誦、解説、書写は、どれか一つで良いとされている。 経が持つ功徳によって悟りに趣く。(自利の修行) 菩薩は自利に留まらない。大般涅槃経に説かれる、自未得度先度他の教えにより、他の為に廻らすのである。我々は、この回向によって死者も供養するのだ。
般若心経を唱え、本尊を供養している。(読経によって得た功徳を回向している) 供養した本尊に更に多くの存在へ廻らしてくれる様願う(複数の回向が重なっている)
[2012/07/30 07:23]
| URL | しゅどう #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://densyuji.blog.fc2.com/tb.php/38-3de03118
| ホーム |