FC2ブログ
微妙に変わりました




微妙に変化しています

枯れ流れの柵結界の設置
休憩処の寄せ植掲示板の文章
等、毎日少しずつですが変化しています。

休憩処の環境も大分なじんで来ました。



スポンサーサイト



[2013/10/28 10:49 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
ゴミの分別に更なるご協力を




上のエリアも、整理整頓しました。

 下のエリア同様、分別のご協力をお願いいたします

お墓に、食べ物や飲み物をお供えされた後は、
必ず、その日のうちにお持ち帰り下さい。

 お線香の煙と共に、ご先祖様にお届けいたしましたら、一緒にお召し上がり下さるのが
一番のご供養かと思われます。

(その訳) 
 夕方になると、お供え物のあるお墓は、カラスの餌さ場?となっており
カラスが喰い散らかしたお供え物やそれ食べた事によるフン等が、ご近所のお墓等に散乱し
大変なご迷惑をおかけしています


 また、ペットポトル・缶のお飲物等もお持ち帰り下さい。

以上、ご理解、ご協力のほどよろしくおねがいいたします。

 

[2013/10/18 13:36 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
ゴミの分別にご協力を




ゴミの分別に、ご協力をお願いいたします。

 今まで、ただ複数のゴミ箱を置いておくだけでしたので
すべてのゴミ箱が混合状態で、見栄えも悪く、分別だけでも大変でした…。
 
 今回、ゴミ捨て場を整理整頓し、それぞれのゴミ箱に
分別内容(枯れた仏花ビニールゴミ紙ゴミ)を明記いたしました。

 尚、お飲みになられたお飲物のペットボトル缶の容器・ご家庭のゴミは、
各自責任を持ってお持ち帰りください。


 ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
[2013/10/17 13:11 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
菩提樹




菩提樹を寄贈していただきました。

 笑前会(田種寺坐禅会)の皆様より
菩提樹を寄贈していただきました。

 以前から、坐禅会として何か記念樹を植樹したいとのお話がありまして
皆様でご相談された結果、お寺には菩提樹が良いだろうという事で
菩提樹を寄贈して下さいました。

 場所は、本堂の右手のイベント?スペースの中央に植樹致しました。
いずれ、このスペースでの様々なイベントの折に
中央に菩提樹が木陰を作ってくれる事となるでしょう。

 天気のいい日には、お釈迦様の様に菩提樹の下で
坐禅が組めるようになるといいですね。
今から、菩提樹の成長が楽しみです。


 ちなみに、上の写真のお花は
華道展のM理事さんからのプレゼントです。
 水汲み場の前の、休憩スペースに植えてあります。
お参りの折には、そちらもご覧下さい。
[2013/10/14 15:50 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
三島の秋 いけばな展



いけばな展

 田種寺のお檀家さんで、しかも坐禅会に毎回来られているMさんが理事をされている
華道連盟のいけばな展に行ってきました。
 宏道流という八百年ほど(ちょうど禅宗が盛んなころ)の歴史のある流派のお手前は
禅とも通底する部分が多々あるように思えました。

 上の写真は、Mさんのいけられたお花です。
三島市民生涯学習センターにて、13日(日)まで展示されいるとの事。
 文化の秋に、日本古来の芸術に触れてみてはいかかでしょうか?




 
[2013/10/10 19:06 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
お休み処


水汲み場の前に、お休憩処を設置しました。

お墓参りの折に、お水を汲まれて
長い坂を上がられる前に、一息ついていただけるように
芝を張り、ベンチを設け、簡単なお休憩処を設置いたしました。

 また、お墓参りの後に一休みしていただくにもよろしいかと思います。

※ 未だ、芝がついていない状況なので、暫くご配慮いただきながらご使用ください。




[2013/10/06 13:26 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
古塔婆入れ

お塔婆入れ

 水汲み場の隣に、お塔婆入れの表示を付けて設置しました。
今まで、表示がはっきりしていなかったため?
お塔婆入れごみ入れとなっており…
ご先祖様には大変失礼な状況でした。
 
 そこで、今回ラミネート加工した表示を二か所に着け
どなたでもはっきり分かる場所(水汲み場)に設置しました。

 おそらくこれで、お塔婆が、ごみと一緒にされることはないと思います
ご理解、ご協力よろしくお願いいたします

 
[2013/10/06 13:05 ]
| お知らせ | コメント:(0) | トラックバック:(0) |
| ホーム |